CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 軽くディベートして思うこと・・・(備忘録風) | main | 日本の若者?文化の世界輸出、第2弾(yahooの記事より) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
TRPGとは・・・エチュード(即興劇)である。(衝動で書く)
最近、ある人からエチュードという言葉を聞いて以来、
この言葉がよく目に付きます。
エチュードとは即興劇の意味で、出演者は監督によって登場人物の設定と役割、
シーンの状況など自分が演じる架空の人物や場所の情報を聴いた上で
自分が思うその登場人物がそのシーンで行うであろう行動を演じることです。
故にエチュードにおいて出演者それぞれが演出家であり、登場人物であるわけです。
エチュードのプロの役者は即興なのに、時に観客を笑わし、泣かせ、感動させることが
出来るといいます。


ん〜、すごいもんだ・・・



ここでふと思う。
これはTRPGそのものじゃないか!!!!
ってね。

TRPGは演劇なんですよ!!(ゲームだけどねw)
ならばリプレイによって人を感動させることも出来るはず。

しかし、素人なのでそのレベルまで持って行くことは非常に困難だと思います。
だいたい好きに演出していいって言っても他人の共感(特に他の出演者たちに)を
得られなければ、場の混乱を招き演劇どころではなくなります。
(訳のわからない行動をすれば、場がしらける事と一緒かな)
独りよがり演出は許されない、しかしその中で自分の個性を光らせなければ
その場に埋もれ、ただ地味な事しか出来ない、何も出来ない状態になる・・・

なんとなくリアルで何人かの会話に似てます。
より多くの人と共感できるものを持ってる人はよく話しますし、会話も面白い。
逆にそういうものの少ない人は会話に参加しづらかったり、話してもスルーされたり、
相槌しか打ってくれないとかあまりよい状況にはなりません。

話が逸れてしまった・・・

とにかくTRPGとはゲームでありながら演劇です。演劇でありながら会話です。
人間関係です。ということはTRPGの上手い人ってのは恐らく
コミュニケーション能力の高い人です。
最終的に人間性がキーになるんです。

ふと書いてて思う・・・
俺に足りないモノばっかじゃないか・・・orz


衝動で書いたのでとても読みにくいと思いますが、
眠いので添削する気が起こらないもので・・・
申し訳ないですm(_ _)m
| 適当なできごと | 00:58 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 00:58 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://armed-corera.jugem.jp/trackback/117
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/10 12:30 AM |