CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 戦場ではいい奴から早く死んでいく・・・(ロックオン追悼) | main | 寂しいな・・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
確かめに行こう
the pillowsの「確かめに行こう」という曲を久しぶりに聞いて
改めて歌詞をよくよく見ながら聞いてたら泣けました


ゆずった分だけ歪んだのさ ヒビ割れたとこ手を当ててみた
何だか毒が抜けて真白 僕が鏡で笑ってる
懐かしい姿は閉じ込めて 何処で震えてるのかも知らず
あいまいな記憶たどってたら 落として砕けてしまった
もう見れない

今の僕を待ち受けるものに 何を当てはめていたのかさえ
自分でわからなかったくせに 勝手に失望していた
どんな期待をしていたのだろう タネも仕掛けもないマジックに
だまされたいと願ってみても 目と耳は飾りじゃないから
それも出来ない

自分勝手で大人げなくて 気分次第で迷ってばかり
タチが悪いのはそんな時も 間違った事を認めない
仲間といたって寂しくなる 優しくされたってまだ足りない
何もない夜は消えたくなる 僕のカタチがわかりますか?

はだしのままで人ごみは歩けなくなって
靴をはいてちょっとハネテみたって たかがこんなもんさ
アスファルトはまだ あの頃の僕を覚えてるか
太陽がもっと高く眩しく感じた毎日を

胸に刺さってるトゲを抜いて 臆病者のマスクはがして
絡み付くロープがほどけたら 君に伝えたい事がある
うまく笑えなくたっていいよ 泣きたい時は泣いてもいいよ
こっそり弱音吐いてもいいよ 偽りのない世界まで
確かめに行こう

Let's see, if that's true or not


率直な感想から言うと
オレ、がここにいる
です。

以降、中二病乙と書かれそうな内容なので
そんなの見たくねぇよ、ばぁか。
とか思う人は引き返してくださいな〜
簡単な解説みたいなものを書いてみました
全く煮詰められてないから浅いけど備忘録もかねて。

ゆずった分だけ歪んだのさ ヒビ割れたとこ手を当ててみた
何だか毒が抜けて真白 僕が鏡で笑ってる


多分、いろいろ理由(人間関係)で我慢したりしてたら
いつのまにかいつも笑ってる仮面をつけてしまっていたって事かな?

懐かしい姿は閉じ込めて 何処で震えてるのかも知らず
あいまいな記憶たどってたら 落として砕けてしまった
もう見れない


そんな我慢してた昔の自分を忘れていたけど
それをふと思い出してしまって、笑顔の仮面が落ちて自分の素顔が
鏡に映し出されて見れない、かな


今の僕を待ち受けるものに 何を当てはめていたのかさえ
自分でわからなかったくせに 勝手に失望していた


将来がどうなるかもわからないのに「どうせ何も出来ない」と絶望した
という自分に対する絶望
もしくは
なにをしたって何も変わらないと世の中に対する失望?

どんな期待をしていたのだろう タネも仕掛けもないマジックに
だまされたいと願ってみても 目と耳は飾りじゃないから
それも出来ない


でも、もしかしたら良い事があるかもしれないと希望を持とうとしても(ある意味逃避)
現実を見るとそれは出来ない、って事かな


自分勝手で大人げなくて 気分次第で迷ってばかり
タチが悪いのはそんな時も 間違った事を認めない

仲間といたって寂しくなる 優しくされたってまだ足りない
何もない夜は消えたくなる 僕のカタチがわかりますか?


確固たる自分が判らなくなって迷ってる


はだしのままで人ごみは歩けなくなって
靴をはいてちょっとハネテみたって たかがこんなもんさ


仮面を被らないと外に出ることが出来ない
しかも無理して被ってる仮面、それでもなかなか上手くはいかない、という感じか

アスファルトはまだ あの頃の僕を覚えてるか
太陽がもっと高く眩しく感じた毎日を


自分の過去を、希望に溢れ純粋だった頃の自分を覚えてるのか、と


胸に刺さってるトゲを抜いて 臆病者のマスクはがして
絡み付くロープがほどけたら 君に伝えたい事がある


今までの経験(トラウマ)を消化したら、てところか

うまく笑えなくたっていいよ 泣きたい時は泣いてもいいよ
こっそり弱音吐いてもいいよ 偽りのない世界まで
確かめに行こう

Let's see, if that's true or not



自分を押し隠しながら生きてる。
それは隠さなかったために傷ついてしまったからだ。
それと同時に自分、もしくは周囲に失望してしまった。
いつの間にか"自分"が判らなくなってしまった
そのまま成長したけど上手く行かない。
だから自分を、希望を持て、とは言わない。
でも、なんとか前に進んでいこう。
そして希望を、自分を持てる世界を見つけに行こう

総括するとこんなメッセージだと思います。
まさしくpillowsらしい詩ですよ。
「絶望していても、希望を失わず、諦めず、前に進み続ける」
そんな人間味に溢れていて青臭い詩。

共感せざるを得ない・・・というか俺の半生がこの歌詞に詰まってます。

小さい頃のトラウマとか、それを引きずって本性をなかなか表に出せないとか。
その時から半分何もかもを諦めていたりとか(これは関係ないか)。
そして、自分を見失って目的も無く生きている。

なんとなくだが歌詞にシンクロしてる気がしてならないw

最近になって目的が出来た。
この目的を達成すれば
自分のトラウマを乗り越えられるかもしれない。
そしたら最後の文章に進めるかもしれない。

根拠の無い淡い期待だけど、信じる事にします。
その方が面白そうですからね。


調子に乗って、いろいろ恥ずかしい事書いた気がするけど、気ニシナ〜イw
| おんがく〜 | 02:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:46 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://armed-corera.jugem.jp/trackback/128
トラックバック